風のにほひ

カテゴリ:水( 5 )

水の音

a0283057_0313325.jpg


a0283057_0314594.jpg


実家の近くには大きな池があって、
子供の頃、小学生の弟が水の音を聞かせてあげるといって、母の手を引いて連れて行っていました。
池の周りのイチョウの木から、銀杏がぽちゃん、ぽちゃん、と落ちるのです。
二人で息を殺して、その音を聞くのが好きだったと、
折に触れ母が申しておりました。
そんなかわいい弟も、いまや気難しい親爺でございます。
私より、数十倍も情緒の豊かな子だったのにな〜〜笑
[PR]
by kazenonihohi | 2015-08-03 00:36 | | Comments(0)

滲む

a0283057_21142091.jpg


色づき始めた葉の色が、
ぽとり、ぽとり、と落ちて水に滲んで行きます。

鮮やかに色づく前の、恥じらいのように。

雲場池
[PR]
by kazenonihohi | 2014-10-08 21:16 | | Comments(4)

二人の時間

a0283057_1972239.jpg

[PR]
by kazenonihohi | 2014-06-11 19:08 | | Comments(0)

白い影

a0283057_1945867.jpg


流れをとめると、
軌跡が残りました。

a0283057_1961828.jpg

[PR]
by kazenonihohi | 2014-06-11 19:06 | | Comments(0)

森人

a0283057_1834812.jpg


梅雨入りしました。
しとしと どころか、強い雨が続いています。

a0283057_18364722.jpg


若葉色の美しいこの季節だからこその、映り込み。
雨で濁った川に曇った空でも、これだけ綺麗なのですから
晴れていればもっと美しかったのでしょう。

a0283057_18381234.jpg


雨で増水した川は、勢いを増していて、おばちゃんは足元をすくわれないよう、ヒヤヒヤしました。
森人にはなれそうにありません。

前田川にて。
[PR]
by kazenonihohi | 2014-06-11 18:44 | | Comments(4)